100年の歴史ある中津の歯医者「荒尾歯科医院」が入れ歯治療についてご案内します。

歯に関するお悩みなら何でもお気軽にご相談ください。

  • tel:0979-22-0163
  • Web予約24時間受付中

平日:9:00-12:30/14:00-19:00 土曜:9:00-13:0012:00まで受付 休診日:土午後・日・祝

入れ歯について

荒尾歯科医院は入れ歯治療に自信があります

むし歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまったときに、歯を補う方法としてもっとも一般的なのが入れ歯(義歯)治療です。こちらでは、100年の歴史ある大分県中津市の歯医者「荒尾歯科医院」が入れ歯治療についてご案内します。

当院は入れ歯製作を行う技工室が院内に完備されてあり、技工士も常勤しています。患者様といつでも相談しながら、入れ歯の調整が可能です。

入れ歯の必要性

いつまでもおいしく食事をして健康に暮らすためには、しっかり噛める歯が必要です。歯を失ってしまうと噛み合わせが悪くなって、食事を楽しめなくなったり、発音が不明瞭になったりなど、さまざまな問題が発生してしまいます。

歯の機能を取り戻すためにも、失った歯を補うことが必要です。その選択肢の代表が入れ歯や義歯。入れ歯のメリットとしては、保険適用のものを選べば安く利用でき、メンテナンスが楽で、一般的には外科手術が不要といった点にあります。

とはいえ、せっかく入れ歯をつくっても、「入れ歯が合わなくて痛い」「装着すると違和感がある」などの理由で、きちんと装着していらっしゃらない方も見受けられます。中には、「ほかの歯で噛めるから、入れ歯は使わなくていいですか?」とおっしゃる方も。

入れ歯を使わずに放置しておくと、歯の抜けた部分に向かって、ほかの歯が移動してきます。さらに、噛み合わせに不具合があるために、健康だった歯のほうにまで負担がかかってしまうのです。そして、最後には健康な歯まで抜歯しなければならないことも。

なんとか食べられるからといって、抜けた歯をそのままにしておくことは、お口全体の健康を悪くすることにつながります。お口に合う入れ歯をつくって、きちんと装着し、しっかり噛んで食べるようにしましょう。

入れ歯治療メニュー

総入れ歯(総義歯)

総入れ歯(総義歯)

歯がほとんど残っていない場合に用いるタイプで、吸盤のように口の中で密着します。現在の総入れ歯は精巧につくられており、違和感なく噛めて、食事も問題なく楽しむことができます。

部分入れ歯(部分義歯)

部分入れ歯(部分義歯)

失われた歯のまわりに支えとなる歯がない場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に用います。上下ともに健全な状態の歯が1本でも残っていることが条件です。取りはずし式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、まわりの歯に金属のバネで固定します。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯根やインプラントに強力な磁石を取りつけ、磁力で固定する入れ歯です。金属のバネを使わないので見た目が自然で、アレルギーをお持ちの方でも安心です。

金属床義歯

金属床義歯

床部分が金属でつくられている入れ歯で、とても薄く、口腔内に密着します。床部分が歯科用プラスチック製の従来の入れ歯よりも、食べ物の温度が伝わりやすいと好評です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属金具がないので金属アレルギーの方におすすめしています。入れ歯と気付かれず、丈夫で割れにくい傾向にあり、従来の入れ歯の半分の重さというのも特徴の一つです。ガムや餅などの入れ歯に付き易い食べ物もノンクラスプデンチャーにはつきにくいので安心です。

よい入れ歯治療を行いましょう

入れ歯治療はどの歯科医院でも同じというわけではありません。入れ歯製作の工程は歯科医院によって異なるのです。噛み心地がよく、長く使える入れ歯を手に入れるためにも、入れ歯治療が得意な歯科医院を選ぶとよいでしょう。

入れ歯の使用感や装着感は、作製する際の型どりが緻密に行われているかどうかによって変わってきます。また実際に装着してからの調整も、入れ歯製作にとって必要な作業です。これらの工程で、患者様のお口にフィットした入れ歯をつくることができるのです。

荒尾歯科医院では、入れ歯製作を行う技工室が院内に完備されてあり、技工士も常勤しています。患者様といつでも相談しながら、入れ歯の調整が可能。すみやかに対応できますので、不快感・違和感などがあればすぐに相談してください。

tel:0979-22-0163

  • 噛み合わせと身体の関係
  • 矯正歯科
  • 入れ歯(義歯)
  • 地域
  • 得意
  • 完備
  • 安心
  • 歯が痛い・しみる
  • 大事な歯を守りたい
  • 歯の色を綺麗にしたい
  • 口臭が気になる
  • 子どもの歯を守りたい
  • 治療の流れ
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院ブログ

Copyright © Araoshika All Rights Reserved.