100年の歴史ある中津の歯医者「荒尾歯科医院」が小児歯科治療についてご案内します。

歯に関するお悩みなら何でもお気軽にご相談ください。

  • tel:0979-22-0163
  • Web予約24時間受付中

平日:9:00-12:30/14:00-19:00 土曜:9:00-13:0012:00まで受付 休診日:土午後・日・祝

小児歯科

お子様の歯の健康を小児歯科で守りましょう

乳歯はお子様にとって、永久歯が生え替わる前の段階として大切な歯です。一生健康な歯でいられるように、お子様のお口の健康は保護者様がしっかりサポートしましょう。

こちらでは、100年の歴史ある大分県中津市の歯医者「荒尾歯科医院」が小児歯科治療についてご案内します。当院では、お子様のためにフッ素塗布や歯みがき指導などを行っています。乳歯が生えはじめたら、早めに当院までお子様といっしょにお越しください。

小児歯科の必要性

「乳歯は永久歯に生え替わるから、むし歯になってもかまわない」と思っている方はいらっしゃいませんか? 乳歯には永久歯を導き、身体の成長を促すという大切な役割があるのです。

歯を使って食べ物を噛み砕くことにより、子供は栄養を吸収して丈夫に育っていきます。顎をしっかり動かすことで正常に発育し、顔の形も整ってきます。乳歯があることで、正しく発音することも可能になるのです。

このように、乳歯は子供にとって大切な歯です。むし歯になった場合には、しっかり治療するようにしましょう。

小児歯科治療メニュー

荒尾歯科医院では、お子様のむし歯を治療したり予防したりする小児歯科治療を行っています。症状がひどくなると、治療にも時間がかかり、痛みもひどくなってしまいます。症状が気になりはじめたら、早めに来院してください。

フッ素塗布

フッ素塗布とは、フッ素を歯の表面に塗る処置。フッ素塗布によって、歯質を強くしたり、むし歯の原因となる酸の生成を防いだりします。また、初期のむし歯であれば、フッ素によってミネラルの沈着を助け、再石灰化を促すことで、自然に治る場合もあります。

フッ素塗布によって、お子様の歯はむし歯になりにくい歯になります。とくに乳歯や生えたばかりの永久歯は歯質が弱いため、フッ素塗布が効果的です。

シーラント

シーラントは、奥歯にある細かい溝の部分にプラスチックを埋め込んで、むし歯を予防する処理です。奥歯の溝には歯ブラシが届きにくいため、汚れが溜まりやすくむし歯にもなりやすいのです。シーラントでは白い素材を使うので、見た目も目立ちません。

歯みがき指導

お口の状態は人によってさまざま。そのため、適切な歯みがきの方法もお子様によって異なるのです。当院では、お子様のお口の状態を確認したうえで、適切な歯みがき指導を行っています。

さらに、保護者様に対して、仕上げみがきの方法をお伝えしています。お子様が自分でみがいたあとには、最後に、しっかりと仕上げみがきをしてあげてください。

サホライド

サホライドはやわらかくなっているむし歯を固める薬剤。塗布することで、むし歯の進行を抑えることができ、初期のむし歯に効果的です。むし歯の痛みをやわらげるのに有効な治療法ですが、治療後30分間は飲食をしないように注意してください。

また、時間が経つにつれて歯が黒く変色します。むし歯の進行ではないのでご安心ください。さらに、衣服にサホライドが付着すると黒くなることがありますのでご注意願います。

お子様が歯医者嫌いにならないように

歯科医院はいつもの環境とは違いますから、どうしてもお子様は緊張してしまいがち。保護者の方は、できるだけリラックスした雰囲気で連れてきてください。ふだんから歯の大切さをしっかり教えて、治療に対するよいイメージをもたせることも大切です。

歯医者に来られたときも、保護者様がまずはリラックスしてください。医師の私たちもいきなり治療するのではなく、徐々に慣れさせていきたいと考えています。治療はゆっくりと少しずつ進めますがご理解ください。

そして治療が終わったあとには、いっぱいほめてあげましょう。治療で泣いてしまったとしても、決して叱らないでください。そして、お子様が「また来たい」という気持ちになるように、歯の治療の大切さをお話しくださいね。

マタニティ歯科

妊娠中や産後のママ、そして生まれてくるお子様のお口の健康を守るために、当院では「マタニティ歯科」にて妊婦さんの健康をサポートしています。

妊娠中はホルモンバランスの変化により、お口のトラブルが起こりやすい時期。とくにむし歯や歯周病になっている場合は、お腹の赤ちゃんに悪影響を与える心配もあるので、早めの対応が必要です。

妊婦さんに対しては治療やお薬に制限がありますが、当院では、おなかの赤ちゃんに十分配慮して処置を行っています。また治療中の痛みは妊婦さんにとってリスクです。そのため、徹底して無痛治療に努めています。

治療の際には、できるかぎりレントゲン撮影は行わないようにしています。もし撮影が必要な場合でも、被ばく量が通常のレントゲンの100分の1の機器を用いますのでご安心ください。

生まれてくるお子様のために心がけてもらいたいこと

プレママさんは、ご自身のお口の健康と生まれてくるお子様の健康、どちらを大切に考えていますか? 生まれてくるお子様のことを一番に考えていらっしゃるかもしれませんが、ご自身のお口の健康を守ることが、お子様の健康を守ることにつながるのです。

まずはむし歯の治療です。あなたが治療することで、生まれてくるお子様にむし歯菌がうつることを防ぎます。次に歯ぐきのケア。歯周病が妊婦さんに与える影響はよく知られていて、流産や早産、低体重児出産のリスクを防ぐためにも歯ぐきのケアが大切です。

歯と歯ぐきをふくめ、お口全体のケアが、「出産したから歯が悪くなった」ということを防ぎます。プレママのあなたが、出産後笑顔で子育てできるように、ぜひマイナス1歳からのむし歯予防を心がけてくださいね。

tel:0979-22-0163

  • 噛み合わせと身体の関係
  • 矯正歯科
  • 入れ歯(義歯)
  • 地域
  • 得意
  • 完備
  • 安心
  • 歯が痛い・しみる
  • 大事な歯を守りたい
  • 歯の色を綺麗にしたい
  • 口臭が気になる
  • 子どもの歯を守りたい
  • 治療の流れ
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院ブログ

Copyright © Araoshika All Rights Reserved.